【 SOSOUSO BLOG 】

作曲家・編曲家・ギターリスト・サウンドプロデューサー テラムラソウがDAW・DTM、音楽機材、DIYなどについてゆるく書くブログ!!

画像の説明
画像の説明
画像の説明
 
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明

テラムラを構成するロックの9枚 【前編】

(1月ももう終わりですが)
お正月の初詣で3か所それぞれ別々の場所でおみくじをひいたら
どのおみくじにも
『腹を立てるな!!』
という旨のアドバイスがかかれていてけっこう気にしているテラムラ

SO_TERAMURA (@SO_UMBERBROWN) | Twitter

です。笑
 
 
1年ぐらい前にTwitterInstagramFacebookなどのSNS
「#私を構成する9枚」というハッシュタグが流行ってましたね。
 
その時は特になんとも思ってなかったのですが
今さらながらそれをやりたいと思います!!笑
 
ロックの9枚とポップス(エレクトロ含む)の9枚、
それぞれ前編と後編に分けて書く予定です。
 
まずは
 

私を構成するロックの9枚!!【前編】

f:id:teramuraso:20170131235825j:plain

 
行基準は
『アルバム全体的(少なくとも1/3以上)に良い曲がある』(1曲だけめっちゃ良いぜ!!とかは除外)
『あの頃ホント良く聞いていたなぁー!!と思うもの』
『自分が現在作る音楽に影響を受けているか受けていないかは関係なし』
です。
 
 【前編】
The Get Up Kids / Something to Write Home About
JOSHUA / Whole New Theory
Funeral for a Friend / Casually Dressed & Deep in Conversation
【後編】
Jimmy Eat World / Bleed American
INCUBUS / Make Yourself
Search The City / A Fire So Big the Heavens Can See It
LUNA SEA / MOTHER
 
ではいってみましょう!!

 The Get Up Kids / Something to Write Home About 

f:id:teramuraso:20170125225919j:plain

The Get Up Kids / Something to Write Home About (1999)

01. Holiday
02. Action & Action
03. Valentine
04. Red Letter Day
05 .Out of Reach
06. Ten Minutes
07. The Company Dime
08. My Apology
09. I'm a Loner Dottie, a Rebel
10. Long Goodnight
11. Close to Home
12. I'll Catch You

The Get Up Kidsの珠玉の名曲揃い2ndアルバムです。
全体のテイストとして甘酸っぱい青春時代のような、
そして純粋にロック・バンドのカッコ良さや楽しさを感じられる、
時代を超えて愛され続ける名盤だと思います。
来世はこんな声になりたい。

【オススメ】01, 02, 03, 05, 06, 09, 11

 

The Get Up Kids - Holiday

 

 The Get Up Kids - Action & Action

 

JOSHUA / Whole New Theory

f:id:teramuraso:20170124071114j:plain

JOSHUA / Whole New Theory(1999)

01. I’LL SEE YOU NEVER
02. JUST CAN’T CHANGE
03. PULL ME OUT
04. YOUR WORLD IS OVER
05. EMPTY
06. THE HARD PART IS LETTING GO
07. DIVIDE US
08. IDIOTS AND IRRITANTS
09. PISS ON YOUR PARADE
10. FOREVER(ボーナス・トラック)
11. LOVERS QUARREL(ボーナス・トラック)

 【オススメ】03, 04, 08, 09, 10, 11

 

90年代後半、友人に勧められて"DOGHOUSE"
(インディーズエモ・コアシーンの名門レーベル)
の”Doghouse Fifty”というオムニバスアルバムに収録されていた
"Your World is Over"という曲で"JOSHUA"を知りました。
(そのオムニバスの1曲目に入っていたTHE GET UP KIDS/Don’t Hate Meも最高にカッコいい!!)

The Get Up KidsJimmy Eat Worldといった大御所のエモバンドと
比べると一般的な知名度は低いですが
当時エモにハマるきっかけとなった大切な1枚です。
キーワードで表現するならば
”疾走感、焦燥感、哀愁感、メランコリック、混沌”という感じです。笑
録音の質も決して良くはないですがそれすら気にならないぐらいカッコいいです。
ボーカルの甘い声、メロディセンス、コードワークが個人的にかなり好みです。

ボーカル以外の楽器隊メンバーで結成したPark Ranger2009年にJAPAN TOURで来日した際に対バンさせていただいたのは良い思い出です。

 

 JOSHUA - YOUR WORLD IS OVER


 

JvPULL ME OUT

 

 JOSHUA - IDIOTS AND IRRITANTS



JOSHUA - FOREVER



 

Funeral for a Friend / Casually Dressed & Deep in Conversation

f:id:teramuraso:20170124071109j:plain

Funeral for a Friend / Casually Dressed & Deep in Conversation(2003)
01. Rookie Of The Year
02. Bullet Theory
03. Juneau
04. Bend Your Arms To Look Like Wings
05. Escape Artists Never Die
06. Storytelling
07. Moments Forever Faded
08. She Drove Me To Daytime Television
09. Red Is The New Black
10. Your Revolution Is A Joke
11. Waking Up
12. Your Revolution Is A Joke
13. This Year's Most Open Heartbreak (※日本盤ボーナストラック) 
14. Kiss And Makeup (All Bets Are Off) (※日本盤ボーナストラック) 

【オススメ】02, 03, 04, 05, 06, 08, 11, 14

ウェールズで結成された5人組ポスト・ハードコア/エモコアバンド。
爽やかなボーカル、アグレッシブなサウンド、情景が浮かぶようなドラマティックな展開、非常に中毒性の高いアルバムです。
これも大好きなバンドでしたが惜しくも昨年解散してしまいました。涙
渋谷のクアトロで見たときはなんか気の良さそうな人たちだなーと思いました。

 

Funeral for a Friend - Bullet Theory



Funeral for a Friend - Escape Artists Never Die



Funeral for a Friend - Juneau



 

Third Eye Blind / Third Eye Blind

f:id:teramuraso:20170124071116j:plain

01. Losing a Whole Year
02. Narcolepsy
03. Semi-Charmed Life
04. Jumper
05. Graduate
06. How's It Going to Be
07. Thanks a Lot
08. Burning Man
09. Good for You
10. London
11. I Want You
12. The Background
13. Motorcycle Drive By
14. God of Wine
【オススメ】01, 02, 03, 05, 07, 09 
 

1997年、伝説の第一回フジロックフェスティバル
豪雨の中演奏される”Graduate”という曲のライブ映像が深夜に流れていて
一発でハマりました。(当時の映像探しましたが残念ながら見つからなかったです。。)

14曲中10曲を作曲しているkevin cadogan氏のギターが炸裂しています。

Joe Satriani師匠の元生徒であったkevin cadogan氏、
残念ながら2枚目のアルバム以降バンドを離れてしまいました。
程よくエモさもある良質なポップチューン満載ですが変則チューニング率がとても高いです!!

14曲中レギュラーチューニングは6曲のみ!!

Losing a Whole Year    (F#, A, C#, F#, G#, E)
Narcolepsy             (F#, A, D, F#, A, E)
Semi-Charmed Life       Regular
Jumper                Regular
Graduate              (D, A, D, F#, A, D)※オープンD 
How's It Going To Be    Regular
Thanks A Lot          Regular
Burning Man          Regular
Good For You        (D, A, D, G, B, E)※ドロップD
London             (D, A, D, F#, A, D) ※オープンD 
I Want You             Regular
The Background        (D, A, D, F#, A, D) ※オープンD 
Motorcycle Drive By     (E, A, D, G, A, E)
God of Wine           (D, A, D, E, A, D)

 
Third Eye Blind - Semi-Charmed Life

 

Third Eye Blind - Graduate

 

後編に続く!!

▼続きはコチラの記事になります。

 

 

  楽曲制作のご依頼・お見積もり・ご相談等、お気軽にお問合せください!! ~

【読者登録はこちらから!!】

広告を非表示にする